CHECK

ヒゲ脱毛で失敗しない!基礎知識と知っておきたいメリット・注意点を解説

ヒゲ脱毛の基礎知識として、施術にはいくつかの種類があります。電気や光、レーザーを用いてムダ毛の再生に影響を与えることができますので、ヒゲ脱毛を行った後はお手入れが楽になります。髭剃りをした時のように肌荒れすることもありませんし、施術を何回も受けているうちに毛穴も閉じてきてキメの細かな肌を手に入れることが可能です。気になるムダ毛を処理するだけでなく美肌対策もできる方法ですので、美意識の高い男性から注目されています。

清潔感をアップさせることができるヒゲ脱毛

シェーバーでニキビが潰れるリスクが無くなったり摩擦による乾燥を防げたり髭剃りが不要になり物理的負担が減ったりなど、ヒゲ脱毛をすると様々なメリットが得られるようになりますが、清潔感アップで好感度抜群で第一印象や女性ウケも良くなるというメリットもあります。美意識が高い男性の急増とともにヒゲ脱毛の人気・需要も年々高くなっており、ヒゲの無いツルツル美肌が好評を博しているようです。顔の下半分にびっしりと髭が生えていて顔色が悪く見えてしまい夕方になると髭が伸びて青くなる、髭のせいでファンデーションのノリが悪く密集して生えている鼻の下はベースメイクをすると灰色になってしまう、濃い髭が髪型やファッションテイストにマッチしないなどの悩みがある男性におすすめです。一度ヒゲ脱毛をすると二度とヒゲは生えてこなくなりますので、それを正しく理解して覚悟を持ったうえで施術に踏み切るべきです。全体的な毛量を減らすために間引きしたり、顎のみを残したりなどの施術も可能です。

ヒゲ脱毛の料金は脱毛回数や方法によって変わる

ヒゲ脱毛の料金は人によって変わることもあります。同じ場所だけを脱毛するだけでも料金が違うことがあるので、施術を受ける前にあらかじめ確認しておいた方が最適です。ヒゲ脱毛が人により料金が異なる理由の一つは、脱毛をするために必要となる施術の回数が大きく違っているからです。毛がもともと少ない男性の場合には、通常よりも大幅に少ない回数できれいな状態にできることもあります。このような場合には、必要となる合計の費用も安くなります。毛がもともと濃い人の場合には、通常の場合よりも多く脱毛をしなければいけないこともあるので、その分合計の料金も高くなることがあります。ヒゲが濃い男性はあらかじめ脱毛をするための十分な予算を用意しておけば、通常よりも費用が高額になった場合でも対応することができます。ヒゲ脱毛をするためにかかる料金は、脱毛をする方法によって変わることもあります。人により最適な方法が異なることもあるので、特別な方法で施術をする場合には料金が変化します。

お金や時間の節約にも繋がるヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛はお金がかかるからやらないという人もいますが、実際は施術を受けた方がお金や時間の節約になります。身だしなみを整えるために、ヒゲは剃らなければなりません。ヒゲ剃り用のシェーバーやクリームは、平均で月2000円かかるといわれています。肌が荒れやすかったり敏感肌だったりする人は、ヒゲ剃りでダメージを負った肌をケアするためのスキンケア用品代がかさみます。また時間については、10分ほどであっても毎日続けていると膨大な時間をヒゲ脱毛に費やすことになります。具体的には20歳から70歳まで10分間ひげ剃りをすると、およそ3000時間、126日も浪費するという計算です。ヒゲ脱毛を受ければ、これらに使うお金や時間を今後別のことに使うことができます。早ければ早いほど節約できるので、迷っているならすぐにカウンセリングを受けるのがおすすめです。ヒゲ脱毛経験者の多くが、自己処理に関わる面倒がなくなったと実感しています。

乾燥肌の人がヒゲ脱毛を行うときに注意したいこと

最近の脱毛は肌への負担は抑えられていますが乾燥肌の方がヒゲ脱毛を検討する際には、特に注意が必要です。脱毛処理は肌への負担を伴うため、その影響を最小限に抑えるために注意深くケアする必要があります。 まず、施術前後の肌の状態を整えることが大切です。レーザーや光照射の前には十分な保湿を行い、しっかりと潤いで満たすことが重要です。また施術後にも、乾燥を防ぐために適切な保湿ケアを行うことが必要です。保湿剤や保護クリームを使い乾燥を防ぐことがポイントです。 脱毛施術の際に使用される機器や方法についても注意が必要です。機器の強さや刺激が、乾燥肌に与える影響は個人差があります。刺激を最小限に抑えるために、できるだけ優しい脱毛方法や低刺激の機器を選ぶことが大切です。 脱毛施術後の日焼けを避けることも重要です。乾燥気味の方は日焼けによる肌へのダメージが大きく、ヒゲ脱毛施術後のはより敏感になっています。日焼けを避けるために、適切な日焼け止めや帽子・日傘を使用し、紫外線から肌を守ることが重要です。

ヒゲ脱毛後の正しいスキンケア方法

エステサロン系光脱毛とクリニック系医療レーザー脱毛によるヒゲ脱毛におけるセルフケアと言うと、施術前のシェービングを思い浮かべるかもしれませんが、施術後のお手入れにも力を入れなければなりません。
ヒゲ脱毛後のスキンケアとして必ず行うべきなのは保湿ケアです。
肌の潤いが不足するとターンオーバーの乱れに伴って毛周期も乱れがちになりますし、施術直後の肌は少なからずダメージを受けていてバリア機能も下がっていますので、たっぷりと潤いをチャージしていたわってあげる必要があります。
保湿ケアの方法についてですが、まずはふき取り化粧水やブースターで硬くなっている角質を柔らかくさせます。
このひと手間で次に使う保湿化粧水の浸透が驚くほど良くなり、その浸透の良さが潤いキープ力向上につながります。
更なる保湿効果を狙うならセラミド美容液やヒアルロン酸アンプルやコラーゲンパックで栄養を補給し、仕上げは少し油分を含んだ乳液やクリームで膜を張るような感じで蓋をすれば完了です。
きちんとスキンケアをしておけば、次回のヒゲ脱毛効果もアップし照射時の痛みなども軽減されます。

ヒゲ脱毛のクリニック選びでホームページをチェックした方がいい理由

ヒゲ脱毛をする際、クリニック選びでホームページをチェックした方が良い理由としては料金システムや使われているマシンなどの確認ができる点にあります。
ヒゲ脱毛では、様々なマシンが使われていますので例えば日焼けや白髪にも対応しているかどうかを確認しておくのも重要です。
又、料金システムで剃毛は基本的に自分で行う場合が多いですがそり残しの処理が優良の場合と無料の場合があります。
料金システムは、無料の部分と有料の部分がそのクリニックごとに異なりますので注意が必要です。
ヒゲ脱毛をする際に、ホームページで確認しておきたい部分は多数ありますが照射漏れをしたときの対応なども確認しておくと安心です。
クリニックの場合、肌にトラブルが起きた時に速やかにドクターが対応してくれるところが多いですがその確認もしておくようにしましょう。
ヒゲ脱毛は、多くのクリニックで行っていますがなるべく情報を収集して安心できる施術をするのがお勧めです。

ヒゲ脱毛は主に3種類の施術方法が用意されている

ヒゲ脱毛の施術法は大きく光・レーザー・針と3つの種類が用意されています。
光でのヒゲ脱毛はエステサロンで行われている方法です。
特殊な光を肌に照射し、その光の熱ダメージによって毛を生えにくくしたり、薄くするという効果が期待できます。
比較的痛みは少ないとされているので、痛さに不安を感じている方も挑戦しやすいでしょう。
レーザーは美容皮膚科などのクリニックで採用されている方法です。
医療機関でしか行ってはいけない方法となっています。
レーザーの熱エネルギーで毛根自体を壊してしまい、毛が生えてこなくなる状態を作り出します。
光よりもレーザーのほうがエネルギーが強いので、脱毛効果も高いです。
ただし、ヒゲが濃く・太いという方の場合、照射時に強い痛みを感じるかもしれません。
ダメージが不安なら麻酔をプラスして、痛みを抑えるクリニックを選ぶと良いでしょう。
針でのヒゲ脱毛は特殊な針を毛穴に差し込み、そこに電流を流して毛を抜いていきます。
1本ずつ抜いていくのでデザイン性のあるヒゲにしたい方におすすめです。

高い効果を実感しやすい医療レーザーによるヒゲ脱毛

男性ホルモンが活発な人はヒゲが濃くなってしまいがちなので、毎日髭剃りを使用したり剃刀で除去するケアを行わなければならず、時々面倒に感じたり肌トラブルが絶えなくなってケアすること自体嫌になってしまうことがあると思います。
しかし、そんな悩みを全て解決してくれるのがレーザーによるヒゲ脱毛になりので、サロンやクリニックなどで出力の高いレーザーヒゲ脱毛をしていきたいと希望しているなら、ぜひ自分に合ったところを見つけて積極的にカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
医療脱毛なら毛の芯からしっかりと除去して生えにくい状態にしていくことができますし、通う度に毛が生える頻度が低くなっていって自己処理をする機会が減ることで肌トラブルも改善していくので、どんどん綺麗な見た目を目指していくことができるようになります。
ただし、大体半年以上は通う必要がでてくるため、自宅からあまり遠くなくて気軽に通える脱毛店を探すようにしてください。

ヒゲ脱毛はどれくらいの痛みが伴う?

髭剃りの手間が省けたり清潔感・好感度がアップしたり肌トラブルを軽減できたり顔の印象が明るくなったり美意識が高まったりなど、ヒゲ脱毛がもたらすメリットは計り知れません。
これらのメリットに魅力を感じてヒゲ脱毛を検討したことがあるけど、刺激に弱い体質で施術時の痛みに対する恐怖感があり一歩踏み出せずにいるという男性も多いのではないでしょうか。
ヒゲ脱毛に伴う痛みについてですが、永久脱毛となる医療レーザー脱毛はゴムではじかれるような激痛が走り、今生えているヒゲのみを排除するブラジリアンワックス脱毛は、ペーパーを剥がすときに皮膚が持っていかれるようなヒリヒリ感があります。
エステ系のフラッシュ脱毛は少し熱を感じる程度です。
医療レーザー脱毛もマシンの進化に伴い痛さは一昔前に比べて軽減されていますし、塗るタイプの麻酔クリームや鼻から吸い込むタイプの笑気麻酔を用いることも可能です。
痛いというイメージが先行しがちですが、麻酔を施せばほぼ無痛に近い状態でヒゲ脱毛を行えます。

横浜でヒゲ脱毛に関する情報サイト
ひげにさよなら

このサイトでは、ヒゲ脱毛で失敗しないためにあらかじめ知っておいた方が良い基礎知識や、受ける上でのメリットと注意点を解説しています。受けたことを後悔しないために意識しておきたいことがありますし、クリニックを探す時に見ておきたい部分もいくつかあります。それらの情報に目を通してから施術を受ければ安心できますし、満足度も高くなるはずですので、まずは必要な情報を入手して最低限の知識を身に付けておきましょう。

Search